1. ウォーターサーバー比較
  2. 「ウォーターサーバーの基礎」水の種類、衛生面、メリットなどについて解説
  3. ≫ウォーターサーバーの月額料金の相場!みんなが実際支払った平均を公開

ウォーターサーバーの月額料金の相場!みんなが実際支払った平均を公開

Pocket

主婦ウォーターサーバーを契約しようとするとレンタルサーバー代やメンテナンス料などが書かれていますが、「結局合計はいくらになるの?」ということが気になりますよね。
私も他の方がどのくらい月々支払っているのか気になったので、実際にウォーターサーバーを契約している方にアンケートをとってみました。

ウォーターサーバーにひと月にかかっている平均費用

ウォーターサーバーにひと月かかる平均費用・アンケート結果
こう見ると当然ですが人数が増えるほど費用は高くなっています。もちろん使用しているウォーターサーバーや使用用途によって金額には大きく差が出ますので目安として参考にして頂ければと思います。

ウォーターサーバーの契約費用は仕組みが分かりづらいイメージがありますが、費用がかかるのは項目は至ってシンプルです。
主に費用がかかるのは以下の6つの項目だけ!

1.レンタルサーバー代
レンタルサーバー代は無料のところが圧倒的に多いです。中には500円~1,500円程度に設定している会社もありますが、その分水代が安かったりメンテナンス料が含まれている場合が多いです。

2.水代
水代が毎月のコストを一番大きく左右します。水の使用量目安は、以下になります。

  • 一人暮らし・・・・24L/月
  • 二人暮らし・・・・24~36L/月
  • 四人家族・・・・24~48L/月
各社「月に○本以上注目しなければならない」といった購入ノルマを設定しているところが多いですが、普通に使用していれば基本的に無理な量ではありません。(もちろんノルマのないウォーターサーバーもあります)
また、天然水とRO水では価格が大きく変わりRO水の方が安価に設定されています。

3.配送料
配送料は私が調べた9社はすべて無料でした。
ただ、水の最低発送本数以下だと500円程度の送料がかかる場合があります。また、北海道・沖縄・離島へ宅配や遠い採水地の水を選択すると送料がかかる場合があります。

4.メンテナンス料
サーバーのメンテナンスは、1年に○回で数千円かかるところから無料、メンテナンス不要というところまでさまざまです。最近は自動でサーバークリーニングが行われるサーバーも増えていますが、注水口や受け皿などは日常的に汚れるためセルフクリーニングが必要です。

5.サーバー電気代
サーバーの電気代は400円~1,500円と各社で大きく違います。最近では省エネのエコモードがあるサーバーも増えていますので、そういったサーバーを選ぶことをおすすめします。
関連記事:ウォーターサーバー8社の電気代比較

6.解約金
これは見落としがちな費用ですが、ほとんどの会社で解約金がかかります。
契約期間を1年から2年としているところが多く、それ以下の期間で解約すると解約金として5,000円~15,000円程度を支払わなければならなくなります。
解約金がない会社やお試しプランがある会社もありますので、短期間で契約する予定の方や長期間使用するか分からない方はそういった会社を選ぶのもいいと思います。
関連記事:解約金がないウォーターサーバー、各社解約金一覧

ウォーターサーバーのコストはこの6つの合計費用だと考えてください。(※解約金は解約時のみ)
【値段・料金で選ぶ!】安い順ウォーターサーバーランキングの記事内で、各社の費用を比較した表を掲載していますので、こちらも参考にご覧ください。

ペットボトルのミネラルウォーターを買う場合とのコスト比較

ペットボトルのウォーターサーバーを購入する場合とウォーターサーバーの場合のコストを比較してみました。

※2人家族の平均飲用量36L/月で計算

ウォーターサーバーウォーターサーバー
※天然水で最安値のクリクラミオで計算
ペットボトル/ミネラルウォーターミネラルウォーター
 1ヶ月の飲用量 8L×1,100円×4.5本 2L×130円×18本
費用  レンタルサーバー代:0円
メンテナンス料:0円
サーバー電気代:約700円
 1ヶ月にかかるコスト 5,650円 2,340円

こう見ると実は決して安くはないウォーターサーバー。
しかし、それでもウォーターサーバーを選ぶのはやっぱり圧倒的に「便利だから」です。

ウォーターサーバーを使用することのメリット

  • ウォーターサーバーの水は冷蔵庫で保管する必要がない
  • いつでも手軽に水が飲めるため水を飲む癖がつく
  • ウォーターサーバーならお湯が出る
  • ペットボトルの天然水だと常に買い足す手間がある
  • ペットボトルの飲み口に直接口をつけるため、雑菌が繁殖する
  • ペットボトルはゴミが多く出る
また、ペットボトルのミネラルウォーターの中には発ガン性物質の元となるとの指摘もある「硝酸態窒素(亜硝酸態窒素)」が検出されている例もあるため、必ずしも安全とは言い切れないものが紛れています。

こういった面からもウォーターサーバーを利用する方が増えています。

シャアしてね

Pocket